WEB制作にかける勉強期間は長くてもいい!

WEB制作の営業を開始するまで

この記事は「自分に自信が持てなくてなかなか案件の提案までもっていけない」そんな方が読むと少し気が楽になる記事ですよ。実際に僕が案件を獲得するまでには8か月かかっています。

よく勉強期間が3ヶ月ぐらいで「案件獲得しました!」なんてtwitterとかで見ちゃうじゃないですか?あれ焦りますよね。

でも実際にはそんな人は一握りで、半年~1年ぐらい案件獲得するのにかかってる人多いんですよね。むしろそれぐらいかけろや!!って思いもありません?

だってクライアントさんには「新人ですから」は言い訳にならない。が昭和世代の僕には刷り込まれてますからねwww

まぁ、実際にクライアントになると「いや、そこまで完璧にしなくてもいいよ」って思ってたりもするんですけど、基本小心者なので、わりと完璧を求めちゃう性格です。

そんなちょっと小心者のあなたを力づける記事になってるはずです。

最初のお勉強

2020年の4月、緊急事態になって「これはまずい」と人生を憂慮したおじさんが、プログラミング学習を始めたわけですよ。

マナブさんの動画がをみて「HTML+CSS」やれば副業出来んじゃない?

ぐらいのノリで勉強を開始したわけです。わりとそこまでの勉強は順調に進んで、かるくJQueryとかJavaScriptもいじれるぜ!ぐらいに成長したおじさんは6月ぐらいに最初のポートフォリオを作り上げるわけです。

当時は意気揚々と、これで案件取れるんじゃね?

ぐらいのノリで、クラウドワークスランサーズに登録したわけですよ。ところがどっこい!実際の案件募集を見てると「コーディングのみ」なんて案件はほとんどなくて

・WordPressサイト
・デザイン込み

なんて案件がほとんど。これじゃ応募も物凄く限られてくる事に、2か月かかってようやく気が付いたわけです。

ここで、おじさんはよーし、じゃあWordPressやってやる!ってなってブログなんかも初めて見るわけです。

WordPressいじるにはPHPが書けるようにならないといかん!

なんて事にも気が付いて、PHPの勉強も開始。この辺からHTML+CSSの頃よりも圧倒的に時間がかかる勉強になって来たのと、7月ぐらいから会社も休業から抜け出して、1日起きには出社するようになる忙しさも出てくるので、しばしゆっくりと勉強が進む事になっていくわけです。

本業しながら

本業が始まると昼間は本業をするのが当然ながらメインになってきます。営業職ですからね。日中は大体外回りをするわけなので時間が取れません。

必然的に家に帰ってきてから21~24時がお勉強の時間。日中に2時間、夜は3時間ぐらいの勉強をするようになります。

土日も子供たちとはしっかり遊んでやらないとですから、おじさんは辛いぜ。(子供たちがいるから頑張る気にもなるのですがね)

そんなこんなで、そこからさらに3ヶ月ぐらいはのんびり勉強期間が続きます。

きっとこの辺りで心折れる人が多いのではないでしょうかね?

時間が取れないからなかなか進まないし、先も見えづらくなって来る。情報量も増えてくるからランサーズとかクラウドワークスはレッドオーシャンだ!なんて情報にも触れるようになってきますからね。

心を折らない方法

心は折れてもいいので、とにかく毎日1時間でいいから勉強しましょう!

1時間ぐらいなら心折れてても何とかなります。毎日コツコツと続けてると忘れないし、どっかでブレイクします!!ここはある意味昭和のおじさんが強い所で「気合と根性」に近い物があるのかも。

勉強法は別途記事にまとめますが、まぁ、何とかWordPressでオリジナルテンプレートぐらい作れるようになってきますので、ここでまた躓きます!!

最初からわかっちゃーいたんですけど「デザイン」が出来ないんですよね。実際の案件でもデザインが要求される事も多そうだし、あと元データがPhotoShopなパターンが圧倒的に多いので

PhotoShop必要じゃね?

って事にも気が付きます。でもあれ高いんだよなぁ。って言う思いだけで見送ってたので、一応adobeで確認すると・・・あれ?月980円で使えるっぽっくない?なんて事に初めて気が付きます。

10万円すると思ってましたからね。

この辺は時代の流れですね。買いきりではなくて月額になってたなんて知らなかった。しかもこれなら手が出る!!

って事で、PhotoShopの購入に踏み切って・・・そしたら今度はPshotoShopも勉強しなくちゃになります。

毎度の事だけど勉強し過ぎる

毎度の事なんですけどね、新しい勉強を始めると「ちゃんと出来るようになろう」って思いが強くなります。仕事するわけですからね。迷惑かけちゃいかんだろう。って気持ちもあります。

この辺りをよく「とにかく本番でググりながらやれ!」

って言うスタンスの人を見かけますが、きっとどこかで破綻するのでは?と思ってます。おそらく稼げるようになってもその思いは変わらんと思います。

この辺は性格の問題もあると思いますけど、こういう時に「出来ない自分」に自信が持てないと先に進めない人はいっぱいいると思います。

それを「言い訳」と捉えて「だから先に進めないんだ」ってのをtwitter界隈の発信力ある人からはよく見かけますが、それでも焦らずに勉強しました。

だって「自信の無さ」って結構出ちゃうんですよ。メールの文面とかでも意外と出ちゃうもんで「そこは考えて書けばいいいじゃん!」みたいな事言う人もいますけどね。それで嘘書くと罪悪感で・・・って言う小心者の性格でもあるので、そんな物には耳を傾けずに、ひたすらPhotoShopもちゃんと使えるように勉強しました。

2021年から営業開始

そんなこんなで勉強続けてたら、2020年12月にようやくそれなりにデザインしたポートフォリオをWordPress作れるようになります。

ここまでくると「自信」が出てきます!

あれ?ここまで出来るならもう案件取りに行ってもいいんじゃない?的な思想に変わってくるので、ここからは「じゃあ案件を取るにはどうしたら?」ってマインドに変えましょう!

実際に年明けの2021年1月の最初の3連休から案件獲得に向けてクラウドワークスとランサーズで提案を始めました。

この時は「はらブログ」さんを一番参考にしましたね。

で、現在これを書いているのが1月23日。まだ営業開始して2週間ぐらいですが、すでに初案件を獲得しております!

もらった仕事に対して不安もないんですよ!やれます!!自信がついてます!!!

この状態で提案してると、やっぱり「出来る事が見えてる」のと「出来る案件が増えてる」の2つがあって、とにかく提案分を送れる気持ちになってるはずです!

僕は最初の1週間は毎日最低2件提案ってのをやってたら、早々にランサーズで2件取れたんですよ。1件は簡単なフォームの修正。金額的にも少額で5000円。

でもこれで【0 → 1】を達成してるので、案件0のランサーズさんよりも上に行けちゃいます。

そうこうしてたら5万円のWordPress案件も取れちゃったりと順調なスタートです。

お次は「ココナラ」が営業しなくても案件取れる!なんてうわさがあるので「ココナラ」出品に挑戦しようと、バナーを作ったりしてとりあえず出してみました。

こちらは、今んとこ反応なしですね。

でもバナーちゃんと作れてるでしょ?この辺はPhotoShopをちゃんと勉強したからですね!自信があるとやっぱりなんとかなるもんです。

まとめ

最終的には初案件まで8か月かかってますが、営業期間はなんと1週間です。

営業だけとにかくしろや!って意味も分からなくはないぐらい速攻で案件は取れましたが、案件提案する文面も我ながらよかったとは思います。

その辺は普段から営業マンなので相手の「欲しい」を叶えるスキルが元々備わっているのかもしれませんが、僕みたいな「新人のおじさんエンジニア」はこのスキル持ってる人結構いると思いますよ!

40手前でもWEBエンジニアの駆け出しにちゃんとなれました!まだまだ人生これから上昇していけるんですよ!!